« グラミー賞2 | トップページ | 牛丼 »

日露戦争

日露戦争は、2月10日で、100周年を迎えました。。

どこかのテレビ局で、特集とかするかな、と思ってましたが、何もなし。。
さらっと、ニュースで言うのみでした。。。

私としては、「二百三高地」などの映画や、ドキュメンタリーを、せめてN.H.Kだけでもいいので、して欲しかったです。。

日露戦争では、日本はあの、ロシアのバルチック艦隊を破り、で、結局勝利を(引き分けだ!!ロシアのおかげで表向きは勝った!って言う人もいますがね。。ふつうに”勝った”って言うのは、今の日本じゃ、言うのは許されないんでしょうから。。)おさめました。。。
こんなすごい日なのに、ぜんぜん大した報道はされない、って悲しいことじゃないですか。。
かたやロシアはさんざん日露戦争の話を流してましたがね。。
もちろん、完全にロシア側からの見方で、ってことですが。。。

東郷平八郎って海外ではかなり有名です。。
この名前のビールもあったくらいですしね。。。
少なくとも、ドイツ、ノルウェーなどの北欧、トルコ、イランなどのアラブ諸国などでは、偉大な日本人といえば、この人の名前を挙げる人が、かなりいるそうです。。
実際私の知り合いも知ってましたしね。。東郷さんの話で盛り上がったものですよ。。。

今の日本の若い人って、どれくらい東郷さんを知っているんでしょうね。。
私の周りの人は少なくとも全員知らなかったけど。。もちろん、トクトクと語らせてもらいましたよ、彼の業績などを、ね(笑)。。
そういや、前も似たようなことを書いたかも。。

戦争って、結局は、「勝てば官軍、負ければ賊軍」なわけですよね。。。
これは世界の戦争をみるまでもなく、国内の戦争、例えば、戊辰戦争とか西南戦争とかでもよくわかります。。
そうすると結構複雑な気持ちになります。。。
歴史に「もしも何々なら」ってのは、ま、ないわけですが、もしも、そもそも明治維新が失敗して、例えばフィリピンみたいに、どっかの欧米の国の植民地になっていたとしたら??とか、日露戦争に負けていたなら??日本が太平洋戦争に勝っていたなら??など、考えは尽きないですね。。
だから歴史は好きなんです。。

私とほぼ同意見のブログを見つけました。。↓
ココ新聞って、ホント、怖いですよね。。思いっきり新聞社の主観が入ってるし。。


|

« グラミー賞2 | トップページ | 牛丼 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日露戦争:

» 最近の日本は“アメリカ追随”??いや、実は・・・“イギリス追随”デス ( ̄△ ̄;)エッ・・? [… 結茶場 Me家…   …けっさば みけ …]
日露戦争開戦から、ちょうど100周年の日を迎えた。 日露戦争の勝利を、当時“イギリス”をパートナーに選んだ 日本の外交戦略の勝利と置き換えることもできる。 小諸... [続きを読む]

受信: 2004/02/11 16:03

» 第0次世界大戦としての日露戦争(EJ1707号) [Electronic Journal]
 本日からはじまる新しいテーマは「日露戦争」です。なぜ、日 露戦争なのかについては、3つほど理由があります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  1.日露戦争は100周年という節目を迎えており、振り返    ることは懸案諸国との外交..... [続きを読む]

受信: 2005/11/01 10:36

« グラミー賞2 | トップページ | 牛丼 »